スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 旅日記01:憧れの地プラハ | main | 旅日記03:プラハの秋を歩く >>
旅日記02:プラハの街
プラハで迎える新しいヨーロッパの日。

ホテルの朝食はとても充実していました。
ハム、チーズ、フルーツ…
その場で焼いてくれるクレープが
優しくてあたたかくて美味しかった。

プラハの旧市街地、旧市庁舎の天文時計。




そして、広場のレストランにて。
このプラムとケシの実のパイも素朴で優しい味でした。



プラハの街は本当に歩いて回れる程小さくて、
ぷらぷらと歩きながらプラハ城を目指します。



カレル橋。
たくさんのアーティストや観光客で賑わい、とても楽しいところ。



子供も大人もみんな無邪気になれる橋、お気に入りの場所です。


そのまま坂道を登り、プラハ城へ。


聖ヴィート大聖堂で見た、ミュシャのステンドグラス。
念願かなってとてもうれしい。




プラハ城のある丘の小道は、秋の訪れでした。







今日の夜は、プラハ最古のビアホール。




夜のプラハ城もカレル橋も街も素敵。



スポンサーサイト
夜のカレル橋、ミューシャのステンドグラスも素敵ね〜
Emily☆ | 2012/11/26 12:02
COMMENT