スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 旅日記03:プラハの秋を歩く | main | 旅日記05:異国の地で迎える30歳 >>
旅日記04:29歳最後の日
プラハ3日目。
今日は昨日残念ながら登れなかった展望台リベンジ!

秋の山道を堪能しながらまた丘の上へと向かいます。


再び展望台に来て、今日こそは登るぞ!と意気込みましたが
チェコの現金をあまり持ちあわせていなかった私たちは、
お金が足らず…(もちろんカードも使えないし、ATMも無く…)
相方さんはもうあきらめモードでしたが、
どうしてもどうしてもあきらめきれない私は悪あがき…!
持っていた50ポンドを思い出して窓口の方に交渉してみたところ、
その50ポンドを両替して使えることに!!!

入場券が買えたことが奇跡というか、なんというか…
嬉しくて嬉しくてテンション上がりすぎて、
その勢いで螺旋階段の展望台をひたすら登りました。



展望台の一番上で見た、プラハの街。
29歳最後に見たのはこのプラハの景色、
自分の足でたどり着いて見た、美しい景色でした。


とても憧れていたこの街の景色を
このタイミングで見れたことに、本当に感動しました。

プラハで最後のご飯は地元の人に人気のベジタリアンレストランで、
野菜たっぷりのランチ。


曇がちのプラハで少し残念でしたが、
3日間満喫し、この日の寝台列車で次なる国スイスへと向かいます。



スポンサーサイト
プラハで二十代最後なんて羨ましいなー。五十ポンドがあって 素敵なプラハの町並みを上から見られたんだね
Emily☆ | 2012/11/26 13:56
COMMENT